メニュー

生理痛外来(ピル外来)

「生理痛」に対するピルの処方は保険が適応されます。

昨今は自由診療扱いでピルが手軽に処方される場合も多いですが、

当然使える保険は利用した方がお財布にも優しいですよね。

生理痛にお悩みの方は一度ウチカラクリニックでご相談下さい。

 

オンライン診療の予約はこちら

 

生理痛の治療について

基本的には「低用量ピル」を使用します。

低用量ピルを内服する事で、生理の際剥がれ落ちる「子宮内膜」の量を減らし、

生理痛を軽減させます。

副作用として「むくみ」や「吐き気」がありますが、

出現した場合は内服するピルを変更しながら、ご自身の体質にあったお薬を探します。

低用量ピルの禁忌事項」に該当する場合は、「黄体ホルモン製剤」という薬を使用させて頂く場合があります。

また、状況に応じて漢方の内服を併用する場合もございます。

 

※ピルの処方に関しては、血圧や体重の測定が必要になります。血圧計や体重計、もしくは定期的に血圧を測定できる環境をご準備下さい。

また経過をみていく中で年に1回採血結果を確認する事が推奨されているため、健康診断の血液検査の結果は毎年拝見させて頂きます。

 

オンライン診療の予約はこちら

 

オンラインの受診が適していない場合

・重度の月経時の痛み、生理時の出血量が大量の場合(特に健康診断のHbの数値が10を切っている等)

・性交痛、排便痛がある場合

は「子宮筋腫」「子宮内膜症」といった病気の可能性が、

また生理周期が急に不規則になった場合は、妊娠や排卵の障害の可能性がある為、

対面での婦人科の受診を推奨いたします。

 

 

 

                      

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME