メニュー

頭痛外来

(予防医学chより抜粋)

 

現在、日本では「頭痛持ち」の方は約4000万人と推定されています。

ウチカラクリニックでは、慢性的なつらい頭痛に対する治療を行っています。

頭痛持ちの方にとっては、特に通院するのさえもしんどい事もあります。

オンライン診療を上手に利用する事で、病院受診が難しい場合でも

スムーズに診療を受けて下さい。

 

主な対象の方

・慢性的な頭痛に悩まされている方

・既に片頭痛の薬を定期内服しているが、様々な事情で通院が難しい方

・通院するのが面倒な方

 

オンライン診療の予約はこちら

 

頭痛の治療について

最初は、「アセトアミノフェン」「NSAIDs」と呼ばれる

通常の痛み止めの薬を使用させて頂く事が多いです。

併せて、普段の生活習慣の中で頭痛の原因となりそうなものがないか、問診で確認していきます。

(薬の飲み過ぎが逆に原因となる「薬物乱用性頭痛」が疑われる場合は、内服を一旦中断してもらう事もあります)

 

市販の鎮痛薬・通常の鎮痛薬で効果のない場合は

「トリプタン製剤」が使用される場合があります。

トリプタンは状況に合わせて、

①錠剤

②点鼻液

の使い分けをいたします。

また吐き気が強い場合は吐き気止めを併用する場合もあります。

※健康診断の結果も確認させてもらえると安心です。

受診の際はお手元に直近の検査結果をご用意ください。

 

オンライン診療の予約はこちら

 

オンライン受診に適していない頭痛

下記の状態の場合、対面での状態の確認が必要となりますので、

近隣の医療機関の受診を推奨いたします。

・発熱を伴っている

・体の麻痺、感覚の感じ辛さ、歩き辛さなどを感じている

・今まで頭痛が起こった事がない方の、急に起こった頭痛(特に高齢者の初めての頭痛は要注意です。)

・今までにないくらい強烈な頭痛

 

※トリプタン製剤は、心臓病や脳卒中の既往のある方や、高血圧を治療していない方、重度の肝機能障害の方等には処方ができませんのでご了承下さい。

 

予防医学大辞典 関連記事

片頭痛の症状・原因は?対処法は?【医師解説】

【医師解説】脳出血の初期症状とは?原因や治療は?【クモ膜下出血】

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME